逆援助交際をする女性に好かれるようにするには!

逆援助交際をするにはまず初めて相手の女性に送るファーストメールで全てが決まると言っても過言ではありません。
この相手との逆援が上手くいくかいかないかの成功率はファーストメールで決まるのです。
なのでどんな相手であってもとりあえずはファーストメールだけは慎重に書くようにしましょう。
逆援する金額が低いな…と思っても、もしかするとファーストメールの書き方次第ではその金額が高額になる可能性もあるので、とくに熟女相手の逆援の際にはファーストメールで差がでるほどです。

ファーストメールではすぐに逆援できる金額について話をするのは避けるようにし、とにかく女性が喜ぶような、早く返信したいと思わせるような内容のファーストメールを書く事が、より女性が逆援にたいしても前向きな考え方をするようになってくるので成功率としてはかなり高くなります。
それではここでこんな書き方をすると成功すると言うコツをいくつか書いてみましょう。

「美意識」と言われるだけで女性の見る目が変わる

「最近の女性はみんな凄くキレイで美意識が高い女性が多いから、年齢なんてまったく関係ない」この一言はまさに女性にたして完璧な褒め言葉です。
逆援ができるほどの女性の年齢となると明らかに男性よりは年上の女性が多いので、年下男性から褒められると言うのはかなり女性の心を動かします。
しかし単に褒めるのではなく逆にお世辞に聞こえるだけで機嫌を損ねてしまう恐れもあるので、そこに「美意識」と言う言葉を取り入れるだけでお世辞染みた発言ではなく、本音のように聞き取れるようになるのです。

基本的に40代近くになってくるとほとんどの女性は美が衰え始めてくるので、そこで美に目覚め始める女性がとても多くいます。なので美意識が高いと言う事をあえて口に出して言う事で、自分が努力してきた美への追及が認められた、初めて認めてくれた男性だ、等と男性を見る目が確実に変わってくるはずです。

女性を虜にするなら疑問形で褒める

さて続いてのファーストメールの書き方についてですが、次は女性を虜にさせる書き方についてお話しましょう。
「一目惚れしても良いですか…」この言葉ほど熟女の心を鷲掴みにする言葉はありません!
外見があまりにもキレイで見とれてしまう熟女は最近かなり多くなりましたが、男性からも女性からも憧れの存在となっている女性もいるほどです。そこであえて「一目惚れしました…」ではなく「してもいいですか?」と疑問形にする事で女性のほうも男性にたいして、可愛い子、守ってあげたい子などと印象付けてくれます。
それこそが女性の母性をくすぐる男性なので、一目惚れしてしまいそうなほどに憧れてくれていると言う気持ちが女性にとってはかなり嬉しい発言なのです。

誰でもただ褒める、という訳ではない

逆援助交際を成功させるには、ファーストメールを送る前に相手の女性のプロフィール写真などを見てどんな内容にするかを考えて見ましょう。
何故ならせっかく上記のような発言をしても、見るからに美意識が高くない人や一目惚れできそうもない女性だとかえってお世辞だと見え見えになってしまうので、逆援不成立になってしまいます。
もしもそんな女性に出会ってしまい逆援の金額が高いからそれでもファーストメールを送りたいと思うのであれば「磨けば必ずキレイになる」と言った言葉をそえてファーストメールを送ってみましょう。
もちろんその際には相手を傷つけないように注意して下さい。